放課後等デイサービス事業

有限会社 サン・グロウ

HOME > 放課後等デイサービス事業

bill3.jpg

子ども達の居場所づくり

放課後等デイサービス「学遊館つねひさ」

gakuyuukan_logo.jpg
学校が終わると、自宅で過ごすことが多い子どもたち。家庭、学校以外で遊んだり学習する場所があったら・・・
そんな思いに応えるべく、放課後を安心して過ごせる環境を整え、子どもたちの学習活動と社会的自立を支援する施設です。

LinkIcon学遊館つねひさ ブログ
LinkIcon学遊館 パンフレット

受容 共感 自立 共生 がテーマ

子どもの社会的自立を支援する放課後等デイサービス

放課後等デイサービスとは

・障害のある(療育が必要と認められる)子どもたちの学齢期における支援の充実のために創設された厚生労働省の事業です。
・障害のある子どもたちに対し、放課後や学校休業日において日常生活基本動作の指導や、社会生活への適応指導等を行うとともに、一時的にご家族を支援するサービスとしての役割も担っています。

利用料金等

・ご家庭の収入状況により、利用の上限月額をお住まいの市町村が定めます。
・利用の上限月額に満たない場合は、放課後等デイサービスに定められた単位数の1割が利用者のご負担になります。(サービス内容によって加算されることもあります。)
・上記料金の他、おやつ代として1日100円、また土曜日等に特別な活動を実施した場合は、教材費・食事等の実費がかかることがあります。

利用手続き

・利用を希望される場合は、まず電話をいただくか、学遊館においでください。
・利用を希望される場合は、お住まいの市町村に申請することになっています。
・利用の可否については、市町村が調査をして判断されます。

保険加入

万が一の事故に備え、事業者賠償責任保険に加入します。

プログラム内容

○日常生活動作指導
挨拶・清潔・衛生・清掃・整理整頓等
○社会生活適応指導
対人関係・ソーシャルスキル・社会体験等
○学習活動支援
教科学習・パズル学習・パソコン操作等
○レクリエーション
ゲーム・ソング・ダンス・軽スポーツ等
○文化・創作活動
絵画・音楽・クラフト・木工・園芸等
○機能訓練(専門講師に依頼)
言語機能・視機能・音楽療法・作業療法等
○教育・生活相談(予約制)
子育て・学校生活・家庭生活等
※宿題や教科学習など学習活動支援を重視します。
※土曜日および学校休業日は、主として機能訓練や自然体験・社会体験活動等を行います。

スタッフ

○管理者 1名
○児童発達支援管理責任者 1名
○指導員 4名
(利用者数によって増員予定)
※スタッフは、教諭・保育士・心理カウンセラー・福祉レクリエーションワーカー・人間関係訓練ファシリテーター等の有資格者が担当します。

利用対象者

・学校教育法に規定する小学校・中学校に就学している障害のある児童生徒です。
・利用するに当たっては、市町村で発行される通所受給者証が必要となります。
・療育手帳を持っていない方でも、障害が認められる又は想定される場合は受給者証を取得することが可能です。(医師の診断書が必要)

定 員

中学年以上の小学生および中学生 10名

営業時間(サービス提供時間)

月曜日~金曜日   10:00~18:30(13:30~18:00)
土曜日・祝日     10:00~18:00(10:00~16:00)
春休、夏休、冬休  10:00~18:30(10:00~16:00)
※日曜、12/30~1/3はお休みです。

事業内容

放課後等デイサービス事業

gakuyuukan_logo.jpg
●厚生労働省事業「放課後等デイサービス」の運営
●放課後等デイサービス等の運営コンサルテーション
●療育プログラム開発等


お電話にてお問い合わせ
0985-64-9500
FAXにてお問い合わせ
0985-64-9510
メールにてお問い合わせ